イタリア

イタリアに新婚旅行へ行くなら!気になる費用相場やホテル、プランのおすすめを解説!

自然が美しく、観光スポットが豊富なイタリアは、新婚旅行には最高です。ロマンティックな場所も多いので、自然と愛が深まり、素敵な思い出になります。

ローマやミラノ、フィレンチェ、ナポリなど、どこも見どころがたくさんあるので、行先を考えるのも楽しいもの。二人で相談して最高の新婚旅行にしてくださいね。

イタリアに新婚旅行に行く前に知っておくべきこと

イタリアの気候

イタリアは地中海性気候であり、比較的温暖で夏に気温が上がっても湿度が低いために過ごしやすいのが特徴です。

日本と同じように四季をあり、気温もそれほど変わりません。

夏場でもカラッとしているので蒸し暑くないといった違いはありますが、気温は日本とあまり変わりがなく、ローマの年間の気温の推移は東京と同じような感じなので、イメージしやすいのではなないでしょうか。

ただし、南北に長いところも日本と同じで、同じイタリアでも北部と南部では気候にかなり違いがあります。

北はアルプス山脈に達しており、冬には厳しい寒さになりますが、南部は冬でも温暖で北部の夏程度にしか寒くならないこともあります。

旅行に行く場合は、その都市がどこにあってどんな気候かを調べておいたほうが安心です。

イタリアの言語

イタリアの言語はイタリア語です。とはいえ、イタリアは観光大国でもありますから、観光地であれば英語もかなり通じます。

イタリア語が出来なくても、それほど困ることはないので、必要以上に心配することはありません。

イタリアでも小学生の時から義務教育の中で英語の授業が行われていることもあって、簡単な英語であれば通じるのですが、傾向としては北部のほうが英語が通じやすく、南に行くにしたがって通じにくくなると言われています。

日本との時差

日本とイタリアの時差は8時間です。日本のほうが8時間早く、日本が午後8時の時にイタリアは正午を迎えます。

イタリアにはサマータイム制が導入されており、その期間は時差が7時間になるため注意が必要です。

サマータイムになるのは、3月の最終日曜日から10月の最終日曜日で、イタリアの時間が1時間早くなるため、日本との時差は1時間縮まって7時間になるのです。

日本からイタリアへ行くには

日本からイタリアへの直行便は、イタリアのアルタリア航空が運航している便のみで、成田からの発着になります。

ローマに行く便と、ミラノに行く便の2つの便が運航しており、それ以外の都市に行く場合はローマなどで乗り継いでいくことになります。

直行便でフライト時間が約12時間。乗り継ぎ便になると、多少遠回りになったり、トランジットの待ち時間が生じるため、到着までの時間はさらに長くなるでしょう。

イタリアの通貨

イタリアの通貨はユーロです。このユーロは、イタリアだけでなく、ヨーロッパのEU加盟国の間で自由に使うことができることができるため、イタリア以外の国も回りたい、という人にとっても便利な通貨といえるでしょう。

両替は、日本でもイタリアでもできますが、日本でしたほうがややお得ということもありますし、到着後はすぐにタクシーなどで現金が必要になることもあるので、チップ用の小銭も含めて、出発前に両替しておくのがおすすめです。

とはいえ、イタリアではたいていの店でクレジットカードを使うことができます。

クレジットカードで支払えば、両替の必要もないのでできるだけ現金は持たずにクレジットカードでの支払いを行うほうが無難でしょう。

また、キャッシング可能なクレジットカードであれば、イタリアのATMからユーロでキャッシングをして現金を引き出すことが可能です。

確かにキャッシングなので「借金」ではありますが、両替の手数料などに比べると、利息のほうが安くすむことも多いですし、何より手軽に現金が手に入るので、必要な際には活用してみるのもよいでしょう。

イタリアへ行く最適の時期と服装

イタリアは四季のある国であり、どの季節に行ってもその季節の魅力があります。そのため、よほど気になっているイベントがある、というのでない限り、それほど時期を気にする必要はないでしょう。

日本と違って夏でも湿気が少ないので夏のイタリアも人気ですが、おすすめなのは気候の安定する6月~7月くらいでしょう。8月になるとイタリア人がバカンスに入ってしまい、商店が休みになったり、イタリア人がバカンスに出かけて逆に街に観光客があふれることになってしまいます。

秋になると徐々に気温も下がって過ごしやすくなりますが、天候が不安定になることもあるので、その点は注意しましょう。

それでも、美味しいものを食べたい!というのであれば、日本同様秋がベストシーズンと言えるかもしれません。

また、クリスマスやニューイヤーといったイベントが楽しみたい人には冬のイタリアも楽しいでしょうし、もちろん徐々に暖かくなり緑の芽吹く春も人気です。

服装は、基本的には日本とそれほど違わない感覚で行けば問題ありません。夏は乾燥していて過ごしやすいとはいえ日差しはきついので帽子や日焼け止めは用意しておくのもよいでしょう。

冬でもイタリアは乾燥しがちなので、リップクリームやハンドクリームといった保湿グッズがあると便利です。

注意点

観光大国のイタリアですが、やはり治安はどうしても日本人の感覚でいうと悪いと言わざるを得ません。

観光客を狙ったひったくりや詐欺は頻繁にあるので、常に注意しておくようにしましょう。いかにも観光客、といった格好はしないほうが安全です。

また、ショッピングをするために店に入ったときには、店のものを勝手に手に取ってみるのはマナー違反。

店に入ったらまず客が店員に「ボンジョルノ」と挨拶をするのも日本とは違う習慣なので覚えておきましょう。

イタリアは、レストランやホテルなどでサービスを受けると、チップを渡す習慣のある国です。いつでもスマートに渡せるように、小額の紙幣やコインを常に持っておくとよいです。

イタリアへ新婚旅行へ行く際の費用相場。予算はいくら考えるべき?

イタリアはヨーロッパへの新婚旅行の中でもかなり人気の高い国です。

気候が穏やかで比較的過ごしやすいということや、見るべき観光地が豊富であるということ、情熱的でロマンティックな国民性で新婚旅行が盛り上がるということなどが、主な理由でしょう。

ただし、ヨーロッパは海外旅行の中でもどうしても費用が高くつく場所でもあります。

実際、泊まるホテルやツアーの日数、プランの内容によってもかなり違いますが、平均でひとりあたり40万円前後というのが相場といえるでしょう。

イタリアの歴史を堪能する観光重視プラン

イタリアに行くのが初めて、という場合はぜひ観光も楽しんでみてください。

ローマのサンピエトロ大聖堂や、ベネツィアのゴンドラから見る街並み、バチカン市国内のシスティナ礼拝堂、ナポリにある青の洞窟など観光地は各地にあります。

また、イタリアは世界遺産の保有数が世界一ですので、世界遺産を巡るのも素敵です。費用は、どの都市をメインに回るかによっても違いますが、だいたいローマからいくつかの都市を巡って40~50万円前後が標準的なプランでしょう。

オシャレなイタリアを満喫する買い物重視プラン

イタリアは、ハイブランドも多く輩出しているファッションの街でもあります。そして道を歩いているイタリア人も、みんなオシャレで素敵。

ファッションが好きな人にはたまらないのではないでしょうか。そんなイタリアだからこそ、買い物重視のプランも人気で、ハイブランドを巡るだけでなく、アウトレットや広場で開かれるマーケット、ビンテージショップなどを見て回るのもおすすめです。

費用は、どれだけショッピングに使うかによっても異なりますが、ショッピングにできるだけお金を回したい、といのであれば、ツアーそのものは費用を抑えて30万円弱くらいの、フリータイムが多いプランにするとよいでしょう。

イタリアで楽しむアクティビティ重視プラン

イタリアのアクティビティは、自然の中でスポーツを楽しむだけでなく、観光を兼ねたオプショナルツアーも多いです。

たとえばベネツィアでゴンドラに乗ったり、有名なピサの斜塔に登ったりといったプランがこれにあたります。

もっと体を動かしたい、という人は、冬であればスキーを楽しんだり、ハイキング・登山なども人気です。

アルプスに近い北部でのハイキングは、日本とは雰囲気の違った自然を楽しむことができます。費用は、アクティビティの内容にもよりますが、40万円前後が一般的です。

イタリアの新婚旅行の費用を安く仕上げるコツ

ツアーを厳選する

イタリアは観光大国だけあって、イタリアに行くツアーは、とてもたくさんの種類があります。

そして、その費用は20万円代のものもあれば、数百万円のものなどまさにピンキリ。これは、日数や飛行機・ホテルのグレードなどによって費用がずいぶん違ってくるからです。

どのツアーを選ぶかは迷うところですが、早期申し込みなどで割引がある場合もあるので、できれば早めに決めたほうが安くなることは多いです。

また、食事なども込みのツアーにしたほうが、現地で使うお金を節約できて、結果的に安く済むことも多いでしょう。

個人旅行を手配

イタリアでのコミュニケーションが全く困らない語学力があり、海外旅行に慣れているという場合は、個人旅行のほうが安くなるケースもあります。

一般的にはツアーのほうがまとめ買いということでホテルなども安いのですが、個人旅行だと早めに手配して早期割引が受けられたり、有名でなくても地元で人気のホテルやレストランなどを選ぶことで費用を抑えられる可能性があるからです。

ただし、こうして手配するのはかなり手間や語学力があるので、それに自信がない場合はツアーのほうが無難でしょう。

時期を選ぶ

日本の長期休暇の時期は、旅行客が増えるので日本の旅行会社のツアーはどうしても高くなります。

また、春のイースターの時期などは、イタリア人が帰省したり旅行したりすることが増えるので、宿が撮りにくくなったり宿代が高騰する傾向があります。

そのため、日本の長期休暇や、現地での観光シーズンを避けることで、費用はやや安く抑えることができるでしょう。

イタリアの新婚旅行に日数別のおすすめモデルプラン

アマルフィ海岸とカプリに滞在するリゾート風イタリアハネムーン(6泊8日)

世界遺産にも認定されている素敵な街並みが人気のアマルフィ海岸とリゾートで知られるカプリ島で過ごす、贅沢なハネムーンです。

世界中から絶賛される、地中海でのリゾートを楽しむならこのプランです。

イタリアの街を観光するだけでなく、ゆったりした時間を過ごしたいというカップルには最高のハネムーンになるはずです。

1日目 日本を出発、ヨーロッパで乗り継いで、夜ナポリに到着
2日目 ナポリ観光・自由行動
3日目 カプリ島へ移動。青の洞窟などを観光
4日目 カプリ島自由行動
5日目 アマルフィへ移動。アマルフィ市街などを散策
6日目 アマルフィにて自由行動
7日目 ナポリ空港から出発。ヨーロッパで乗り継いで日本へ
8日目 日本着

イタリアを満喫するローマ・ベネツィア・ミラノハネムーン(7泊9日)

イタリアで観光するなら絶対に押さえておきたい、ローマやベネツィア、ミラノを巡るプランです。

人気のスポットを巡るので、初めてのイタリアという方でも安心。日本語ガイドがついているので、新婚旅行をストレスなく楽しむことができます。

ひとつひとつの都市にゆっくり時間を取っているので、あまりあわただしい旅行が嫌だという人にもおすすめ。じっくり観光できるので、落ち着いた新婚旅行ができます。

1日目 日本を出発。ローマ空港に到着後ホテルへ
2日目 ローマを観光 自由行動ですが、オプショナルツアーに参加もできます
3日目 ローマから日帰りでカプリ島一日観光ツアーに参加
4日目 ベネツィアに移動 夕方ゴンドラ乗船
5日目 ベネツィアを観光 自由行動
6日目 ミラノに移動
7日目 ミラノ市内観光 ショッピング
8日目 ミラノマルペンサ空港からヨーロッパ乗り継ぎで日本へ
9日目 日本着

イタリアからコートダジュールまで足を延ばす贅沢ハネムーン(8泊10日)

ベネツィアでの市内観光のあと、イタリアアルプスの山々が美しいドロミテを経て、ヴェローナやモナコを巡る贅沢プラン。

ワンランク上の、普通とはちょっと違ったイタリアハネムーンを希望するカップルでも大満足の10日間です。アルプスの山と、コートダジュールの海を両方楽しむことができるのも嬉しいポイントです。

1日目 日本を出発。ヨーロッパで乗り継いでベネツィアへ。
2日目 ベネツィア観光 自由行動
3日目 イタリアアルプスのドロミテへ移動。アルプスの山をドライブしてコテージに宿泊
4日目 ドロミテでハイキング ケーブルカーで山頂へ
5日目 ヴェローナへ移動 ジュリエットの家などを観光
6日目 ジェノヴァへ移動 ジェノヴェーゼパスタをご堪能ください
7日目 コートダジュールへ移動 到着後はモナコの市内観光
8日目 自由行動 コートダジュールで海水浴などをお楽しみください
9日目 ニース空港から出発
10日目 日本着

新婚旅行で宿泊したい!イタリアのおすすめホテル

ホテル マンフエーディ ローマ

ローマの中心部に位置するホテルマンフェーディは、スペイン広場まで徒歩2分、トレビの泉にも歩いて行ける好立地で、ショッピングエリアにも近いため非常に便利なのが特徴です。

それでいて1600年代の歴史的建造物を利用しているためクラシカルな趣もあり、インテリアのセンスも抜群。

エアコン・衛星テレビ、Wi-Fiなどの近代的な設備はしっかり完備しながら、イタリアの歴史ある雰囲気を感じさせるため満足度が非常に高く、24時間対応のフロントデスクも好評です。

ホテル プリンチペディサボイヤ

壮麗な外観からの期待を裏切らない、クラシカルで豪華な客室は、ヨーロッパの気分を存分に感じさせてくれる素晴らしいものです。

レストランではイタリアの伝統料理などを楽しむことができ、ラウンジバーやサウナ、スパなども併設しています。

フレスコ画で古いイタリアの素敵な雰囲気を演出するプールもぜひ利用してみて。

最寄駅から5分と便利なので、観光の拠点としても使いやすいホテルであり、サービスも万全なのでミラノの観光に迷ったらスタッフに相談してみるとよいでしょう。

ヴィラ ラ マッサ

フィレンチェのカンデリ郊外に1573年に創業した老舗ホテルです。

外観も内装もまるで中世ヨーロッパ貴族の邸宅のようなたたずまいで、アルノ川の対岸から見る姿は、周囲の美しい緑と相まって絵のようです。

クラシカルな雰囲気はそのままに、ジムやプールも併設されていて、エアコンも設置されているので快適に滞在することができます。

落ち着いた雰囲気なので、ゆっくり滞在したい方にもおすすめです。二人の時間を大切にしつつ、思い出を残したいハネムーンには最適のホテルではないでしょうか。

ホテル モレスコ

ベネツィアのローマ広場から5分の所にあるホテルです。街並みに調和する外観からは歴史を感じさせますが、客室は広々していてインテリアは非常にエレガントであり、新婚旅行には最高の雰囲気でしょう。

部屋によって異なるインテリアが、イタリアの歴史を感じさせます。その一方で全室無料Wi-Fiを提供したり、薄型テレビなどが設置してあったりと、利便性も十分。ダイニングホールで提供されるビュッフェ式音コンチネンタルブレックファストも好評です。

新婚旅行で人気のイタリアの観光スポットやアクティビティ

青の洞窟

南イタリア、ナポリにある観光スポットで、船で洞窟に入ると青く光る水面が幻想的な世界を作り出しています。

洞窟の入り口から入り込んだ太陽光が、海底に反射してこの青い光を生み出しているため、晴れていて、波が高くない日にしか中に入ってこの神秘の世界を目にすることはできないのですが、それだけに新婚旅行の思い出としては最高のものになるでしょう。

ナポリから日帰りでツアーも出ているので、事前に申し込んでおくのがおすすめです。

日本語公認ガイドによる1日観光

ローマやフィレンチェなどの観光都市では、日本語でガイドを受けながら1日専属で観光案内をしてくれるガイドによるオプショナルツアーがある場合が多いです。

こうした都市では、市内にいくつもの観光スポットがあるため、ガイドをお願いすることによって効率よく回ることができ、しかも観光地のガイドはもちろん、地元の人しか知らないような情報も教えてもらえるので、満足度が高くなっています。

初めての都市の自由行動で観光をするのであれば、利用してみるのもおすすめです。

バチカン美術館

バチカン市国にある世界でも有数の美術館で新婚旅行の思い出作りを。システィナ礼拝堂ではミケランジェロの「最後の審判」などを見ることができます。

世界中から観光客が訪れる美術館だけあって、入場するだけでも数時間待ち、ということもありますので、事前にガイドツアーなどを予約しておくのがよいでしょう。

日本語のガイドツアーもありますし、ローマ市内観光のガイドがセットになったものもあるので、ローマ観光の一環として美術館を訪れる場合は便利です。

サッカースタジアム見学&チケット手配

イタリアといえばセリエA。サッカーファンなら一度は見てみたい本場のスタジアムの内部が見学できるツアーです。

スタンド席はもちろん、ロッカールームなど、普段なら入ることができないところを見ることができ、日本語のガイドがあるので安心。

コンディションによっては、ピッチまで入らせてもらえるので、サッカー好きにはたまりません。新婚旅行で行けば、この先テレビで観戦したときにも「ここ行ったね」と話題になること間違いなしです。

まとめ

イタリアは、美しい自然と、荘厳な遺跡、それ自体が芸術のような建築物の数々など、観光するには何日あっても足りないほどの国です。

新婚旅行の行先としても人気が高く、ツアーも豊富なので自分行きたい場所や見たいものに合ったプランを探せるのもよいでしょう。

初めてのイタリアでも安心の日本人ガイドが同行してくれるツアーもあるので、新婚旅行の良い思い出を作れるのではないでしょうか。