グアム

グアムへ新婚旅行へ行くなら!気になる費用相場やホテル、プランのおすすめを解説!

グアムは、日本から3時間半で行ける南国リゾートで、新婚旅行でも人気の場所になります。

青い海と白い砂浜、さまざまなマリンアクティビティなどがあるので、ゆっくりビーチで過ごしたい人にも、アクティブなオプショナルツアーを楽しみたい人にもおすすめで、新婚旅行で訪れてから何度もリピートする人も少なくありません。

グアムに新婚旅行に行く前に知っておくべきこと

グアムの気候と言語

グアムは海洋性亜熱帯気候に属しており、年間を通じて平均気温は32度とかなり高いため、一年中ビーチで海水浴を楽しむことが可能です。

気温の変動はあまりありませんが、降水量の違いで雨季と乾季に分かれており、6月から10月が雨季、11月から5月が乾季ということになっています。

乾季に比べると雨季は当然雨の日が多くなるのですが、それでも日本の梅雨のように一日中雨が降り続くということはあまりありません。スコールのようにザーッと降ってはカラリと晴れての繰り返しです。

グアムの公用語は、英語とチャモロ後になります。英語が通じるので、海外旅行に慣れていない人でも比較的安心して過ごせるのではないでしょうか。

また、日本からの観光客の多いグアムでは日本語が通じるお店やレストランも多いので、それほど困ることはありません。

チャモロ語というのは、古来現地で使われてきた言葉であり、現在でもつかわれています。挨拶やお礼の言葉だけでもチャモロ語を覚えていくと、現地の人には喜ばれるでしょう。

日本との時差

グアムと日本は比較的近くて、時差はわずか1時間しかありません。グアムは日本よりも1時間早く、グアムが正午の時に日本は午前11時ということになります。時差が少ないので、旅行に行っても時差ボケで眠い、ということはないでしょう。

日本からグアムへ行くには

日本からグアムへは、成田、名古屋、関空、福岡、札幌など各地から直行便が出ているので、アクセスは良好です。

飛行時間も3時間~4時間程度なので移動もかなり楽です。比較的近くで海外リゾートを楽しめるスポットとして、新婚旅行の行先としても人気のエリアなのです。

グアムの通貨

グアムの通貨は、アメリカドルです。紙幣は100ドル・50ドル・20ドル・10ドル・5ドル・1ドルの6種類、硬貨が25セント(クオーター)・10セント(ダイム)・5セント(ニッケル)・1セント(ペニー)の4種類があります。

消費税はありませんが、チップを渡す習慣があるので、1ドル札やクォーターコインなどは常にいくつか持っておくとよいでしょう。

目安はホテルのポーターやルームメイドには1ドル程度、タクシーやレストランでは料金の10~15%を渡します。レストランなどで請求書にサービス料金が含まれている場合は、渡す必要はありません。

ほとんどのお店やレストラン、ホテルなどでは、クレジットカードが使用できるので、あまり大金は持ちあるか無いようにしましょう。

現金は高額紙幣ではなく、チップなどで使いやすいように細かいお金を持っておくと便利です。

グアムへ行く最適の時期と服装

グアムは1年中泳ぐことのできる常夏の島です。そのため、いつでもビーチリゾートを楽しむことができますが、どちらかと言えば雨の降らない乾季のほうがおすすめです。

湿度も低いので、気温が高くても過ごしやすく、旅行のプランも立てやすいのがメリットです。

とはいえ、雨季になってもグアムは雨ばかり降っているわけではないので、逆に雨季を選んで少しでも費用を抑えるという人もいます。

服装は、年中半袖のリゾートウェアでかまいませんが、室内はエアコンがかなり効いている場合があるので、長袖の羽織物が一枚あると便利です。

晴れた日は日差しが強いので、紫外線対策も忘れずに。また、記念のディナーなどで、格式の高いレストランに行く際は、ドレスコードがある可能性がありますから、ある程度きちんとしたワンピースや襟付きのシャツなども持っておくと安心です。

注意点

グアムは観光地ということもあって、比較的治安は良いところです。とはいえ、日本にいるような感覚でいると、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので、注意を怠ってはいけません。

たとえば、ビーチやプールなどで貴重品を置きっぱなしにしない。レンタカーを借りた場合などは、車の中にでも見えるところにバッグや貴重品を置いておくのはいけません。

また、グアムで病気などになった場合は、日本人旅行者対応の、日本人医師のクリニックがあるので、そこを受診するのがよいでしょう。

事前に、クリニックの連絡先などを調べておくと、いざというときに安心です。また、トラブルに会ったときのために、ツアー会社の連絡先や、ホテルの電話番号なども控えておくとよいでしょう。

ホテルに日本人スタッフがいる場合は、まずホテルに相談するのがおすすめです。

グアムへ新婚旅行へ行く際の費用相場。予算はいくら考えるべき?

新婚旅行にグアムを選ぶメリットの一つが、比較的日本から近いこともあって、飛行機代が安くすむということでしょう。

日本から飛行機で3~4時間ですので、国内旅行に近い感覚で行くことができます。そのぶん、飛行機代が抑えられるので、ツアーの料金などもハワイなどに比べると割安になるのです。

また、移動にかかる時間が少ないため、少ない日数でも十分に楽しむことができるのも、費用を抑えやすいポイントです。

ただし、時期によってかなり費用は違ってくるので、その点は注意したほうがよいでしょう。相場では、ふたりで20~50万円程度の費用が必要になります。

ビーチリゾート重視プラン

南の島でのビーチリゾートをのんびり楽しみたいという人は、ビーチリゾート重視のプランにすると、比較的短い日数でも満足度の高い新婚旅行になるでしょう。

ビーチに面したホテルや、プライベートビーチのあるホテルを選ぶのもおすすめ。シュノーケリングやダイビングなど、マリンスポーツを楽しむのもよいでしょう。

ホテルの目の前のビーチでのんびりするのをメインにすれば、追加の費用も抑えられるので、2人で20~30万円とかなり安くおさえることも可能です。

アクティビティ重視プラン

グアムは、マリンスポーツも盛んな場所ですから、アクティビティの種類も豊富です。ダイビングやシュノーケリングはもちろん、パラセーリングやシーウォーカーなども人気のアクティビティになっています。

未経験でも参加可能なオプショナルツアーも多いので、ぜひ参加してみるとよいでしょう。

オプショナルツアーに参加すると、料金は必要になるものの、道具をすべて貸してもらえたり、インストラクターの指導が受けられたりと、料金以上の満足度が得られる場合が多いです。

せっかくなので、グアムでしか体験できないアクティビティ満載の新婚旅行で、思い出を作るのはいかがでしょうか。アクティビティの参加費用を含めて、30~50万円程度の費用になるでしょう。

買い物重視プラン

グアムは観光地だけあって、免税店なども充実しています。日本で買うよりも安く買えるものもあるので、ショッピングを楽しむ買い物重視のプランにするのもよいでしょう。

ハワイなどに比べて、ツアー料金そのものを安く抑えられるので、ショッピングの予算も十分にとることができます。

旅行自体の料金を20~30万円に抑えて、ショッピング費用を多めに取り、総額で50万円前後になるように予算を組むのもいいでしょう。買い物を重視するのであれば、やはりある程度買い物予算を多めに取らないと楽しくありません。

グアムの新婚旅行の費用を安く仕上げるコツ

日数を抑える

グアムのメリットは、日本から比較的近いためフライト時間などが短くてすむことです。

海外旅行というと、フライトだけで10時間前後かかることも多く、そうなるとどうしても旅行の初日は到着したらそれで終わり、ということになるのですが、グアムの場合は直行便で3時間半程度で着くため、日程を長くとれない場合でも十分に現地での時間を楽しむことができるのです。それを利用して、

あまり費用をかけたくないけど海外でリゾートを楽しみたい、という人には、とても行きやすい場所になっています。

日程を工夫する

ツアーの場合は、時期や出発日によって費用が全く違ってきます。

たとえば、グアムの場合は雨季よりも乾季のほうが費用が高い傾向がありますし、ゴールデンウィークやお盆など、みんなが休みになるときはオフシーズンの倍近い金額になることも少なくありません。

また、長期休暇でなくても、金曜日出発などはやや高いので、1日出発日をずらすだけで何万も費用が変わってくることになるのです。

新婚旅行は、比較的仕事の休みなども取りやすいというのであれば、できるだけ安い時に出発日を合わせることで、費用はずいぶん抑えることができます。

安いツアーを探す

グアムは人気の観光地だけあって、ツアーの数も多く、中には激安ツアーなどもあります。

安いツアーといっても、旅行会社がまとめてホテルの部屋や飛行機の座席を押さえることで安くなっているものなので、しっかりした旅行会社のものを選べば、十分満足できるツアー内容になっています。

個人で予約をするよりも、同じ内容でかなり安く行ける場合もあるので、調べてみる良いでしょう。新婚旅行の場合は、早めに日程も決めやすいので、早割などを利用して安く予約するのも一つの方法です。

個人手配をする

旅行会社がまとめて予約をすることで安いツアーを売りだす一方で、旅慣れた人であれば、個人手配のほうが安くプランをたてられる場合もあります。

もちろん高い時期を避けたりするのは当然ですが時期をずらしたり、早割を使ったり、マイレージを使ったり、ホテルもHPから直接予約をするという方法もあります。

とはいえ、手間もかかりますし、よほどうまくやらないと安くならなかったりもするので、旅慣れてない人は無理をせずにツアーを利用したほうがお得かもしれません。

グアム旅行に日数別のおすすめモデルプラン

忙しくてもハネムーンはのんびり2泊3日でリフレッシュハネムーンプラン

海外旅行の場合は、どうしても1週間近く休みを取らないと日程的に難しいケースが多いのですが、日本から3時間半程度で行けるグアムならば、2泊3日でも十分にリゾートを満喫できます。

日程が短いぶん、費用も安くしやすいですし、浮いた費用で飛行機をビジネスクラスにしたり、ホテルをグレードアップしてゴージャスな新婚旅行を楽しむのもおすすめです。

1日目 午前中に日本を出発。午後グアム着 到着後はホテルに移動、フリータイム
2日目 終日フリータイム ビーチでのんびりしたり、オプショナルツアーに参加してお楽しみください。
3日目 夕方の出発までフリータイム。 ショッピングなどをお楽しみください

3泊4日でグアムを満喫ゆったりハネムーンプラン

到着日や出発日にもフリータイムを取ることのできるグアムなら、3泊4日で十分にリゾートを満喫することができます。

アクティビティを楽しんだり、オプショナルツアーに参加したりと、盛りだくさんな新婚旅行にすることも可能。

二人でビーチでのんびりしたり、美味しい料理を食べたりと、思い出に残る新婚旅行になるでしょう。グアムは3泊4日のツアーが多いので、たくさんのツアーの中から選ぶことができるのもこの日程のメリットです。

1日目 午前中に日本を出発。午後グアム着。到着後はホテルに移動し、フリータイム
2日目 終日フリータイム オプショナルツアーで観光を楽しんだり、ビーチでのんびりお過ごしください
3日目 終日フリータイプ ダイビングなどのアクティビティに参加するのもおすすめ
4日目 夕方の出発までフリータイム ショッピングなどをお楽しみください

オプショナルツアーも充実の4泊5日ハネムーンプラン

観光地として人気の高いグアムでは、オプショナルツアーも充実しています。丸一日つかったオプショナルツアーも、4日5日の日程に余裕を持たせたツアーなら参加しやすいでしょう。

アクティビティをいろいろ体験してみたい人にもおすすめのプランです。また、アクティビティ、ビーチリゾート、観光、ショッピングなど、どれもしっかり楽しみたいのであれば、やや長めの4泊のプランはおすすめです。レンタカーを借りて二人で観光地などを回るのも、新婚旅行の良い思い出になります。

1日目 午前中に日本を出発。午後にグアム着。到着後はホテルに移動し、フリータイム
2日目 オプショナルツアーでココス島へ。フィンダイビングやジェットスキーなどを満喫
3日目 終日フリータイム レンタカーで島内の観光地を巡ります
4日目 終日フリータイム ビーチリゾートでのんびり過ごしたり、アクティビティに参加するのもおすすめ
5日目 夕方の出発までフリータイム ショッピングなどをお楽しみください

新婚旅行で宿泊したい!グアムのおすすめホテル

デュシタニグアムリゾート

グアムでも特に人気の高い5つ星ホテル、デュシタニグアムリゾートは、2015年にオープンしたまだ新しいホテルです。

新しいだけあって設備も美しく、グレードにふさわしいサービスが受けられるということで新婚旅行に利用する人も少なくありません。

ビーチに面しているのはもちろん、4軒のレストラン、屋外プール、スパ、ビーチバー、フィットネスなど、設備も充実しており、一定以上のランクの部屋に宿泊すると無料で利用できるクラブラウンジもあります。

ウェスティンリゾートグアム

世界的に有名なホテルグループウェスティンの運営するリゾートホテルです。

遠浅の美しいビーチに面しており、いくつものショッピングセンターが徒歩圏内にあるなどショッピングなどにも便利な好立地にあるだけでなく、寝心地にこだわったヘブンリーベッドが特に好評で、旅の疲れをしっかり癒してくれるとともに贅沢な気分での滞在ができます。

客室は広めで、深めの浴槽がある客室は日本人にも人気が高く、新婚旅行の滞在先としては申し分のないホテルだといえるでしょう。

ヒルトングアムリゾート&スパ

タモン湾に面した大規模リゾートホテルで、メインタワー・プレミアタワー・タシクラブの3つから成っていますが、新婚旅行であればやはり最もランクの高いタシクラブに泊まるのがおすすめ。

タシクラブに宿泊すると宿泊者限定のラウンジが使用できるほか、日本語が話せるスタッフが24時間常駐しているので、海外に慣れてない人でも安心して過ごすことができます。

施設内だけでも5つのプールがあるので、リゾート内で十分楽しくことができるでしょう。

ホテルニッコーグアム

日系ホテルで日本語が通じるため、初めての海外旅行でも安心のホテルニッコーグアム。グアムの美しい海や、免税店でのショッピング、アクティビティなどを楽しみながら、日本のホテルにいるような快適さでくつろぐことができます。

レストランも充実しており、日系ホテルだけあって日本食レストランも美味しいと評判ですので、滞在中に一度は行ってみるとよいのではないでしょうか。設備も充実していて、プールやスパも併設されています。

新婚旅行で人気のグアムの観光スポットやアクティビティ

恋人岬

新婚旅行でグアムを訪れるのであれば、一度は行っておきたいのが恋人岬です。タモン湾の北側に突き出した岬で、断崖の上に展望台が設けられています。

ギフトショップで販売されている南京錠に名前や願い事を書いて、ハートロックウォールと呼ばれるフェンスに鍵をかけると、恋人同士が永遠の愛で結ばれるというジンクスがあります。

カラフルな南京錠がいっぱいかかったフェンスは華やかで、インスタ映えも間違いなし。この岬にある恋人たちの鐘も鳴らしてきましょう。

イルカウォッチング

ボートに乗って出かけるイルカウォッチングは、グアムでも人気のアクティビティのひとつです。イルカに遭遇できる確率は非常に高く、イルカたちも人懐っこいためボートに寄って来たり、ボートの波で波乗りしてみたりと、まるで一緒に遊んでいるようなかわいらしさです。日本ではなかなか体験できないイルカウォッチングを、グアムでぜひ体験してみてはいかがでしょうか。新婚旅行でイルカを見たという経験は、とても良い思い出になったと好評のアクティビティになります。

シーウォーカー

空気が満たされたヘルメットを被って、海底を歩くシーウォーカーは、ヘルメットダイビングとも呼ばれる人気のアクティビティです。

マリンスポーツ初心者でも、簡単に海の中の水族館のような美しい魚たちを見ることができますし、お化粧をしたまま海に潜れるという女性にとっては嬉しいポイントも!新婚旅行はきれいな奥さんでいたいという人も安心です。

グアムでは広く行われているアクティビティなので、あちこちで体験することができます。

ダイビング

グアムは世界中からダイビング客が訪れるようなダイビングスポットです。ダイビングの好きな方はもちろん、興味のある人はぜひチャレンジしてみるとよいでしょう。

日程に余裕を持たせたツアーに参加して、現地でライセンスを取得する人も少なくありません。

ダイビングのライセンスがない人でも、体験ダイビングは可能なので、まずはそれに参加してみるのもおすすめ。日本語で説明してくれるので、安心してダイビングを楽しむことができます。

まとめ

日本からわずか3時間半で行けるグアムは、移動に時間がかからず、時差も少ないということで短い日程でも十分にリゾートを楽しむことができるのがメリットです。

アクティビティも豊富なので、日本ではなかなかチャンスのないイルカウォッチングやパラセーリングなどもやってみるとよいでしょう。

日本語が通じる場所が多いのも、安心して楽しむことができるポイントです。思い出になる新婚旅行にするためにも、快適に過ごせるプランにしたいものです。