ニュージーランド

ニュージーランドに新婚旅行へ行くなら!気になる費用相場やホテル、プランのおすすめを解説!

ニュージーランドは、山や湖、川、高原、星空など、大自然の美しさを存分に感じることが出来る、新婚旅行には人気の国です。

気候も良く、マリンスポーツからスキーまで、さまざまなアクティビティを楽しむことができるほか、ハカに代表される独特の伝統芸能などを見るのもおすすめです。

2人でアクティビティを楽しんだり、大自然の中を散歩したりと、新婚旅行で楽しめるスポットも多いので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

ニュージーランドに新婚旅行に行く前に知っておくべきこと

ニュージーランドの気候と言語

ニュージーランドは南半球にあるため、季節は日本と逆になります。

四季はありますが、日本ほど大きな気温の変化があるわけではなく、冬でも厳寒というほどにはなりませんし、真夏でも25度程度までしか気温は上がりません。

いずれの季節も、日中は温かくても朝晩は冷えることが多く、一日の中の気温差があります。

また、ニュージーランドは南北に細長い国ですので、南と北では気温の差があります。北に行くほど暖かく、南に行くほど気温が下がるのも、南半球ならではです。

ニュージーランドの公用語は、英語とマオリ語とニュージーランド手話の3つです。とはいえ、基本的には英語が使われているので、英語ができれば問題ありません。

ニュージーランドの英語はイギリス英語がベースになっており、多少マオリ語が取り入れられているところもありますが、旅行で行く程度であれば問題ないでしょう。

一方、日本語はほとんど通じませんので、英語でのコミュニケーションが必要になります。

日本との時差

ニュージーランドと日本の時差は3時間で、ニュージーランドのほうが3時間進んでいます。つまり、日本の正午は、ニュージーランドでは午後3時です。

サマータイム制を導入しており、9月の最終日曜から4月の第1日曜まではサマータイム期間で、時間が1時間早まります。

そのため、その期間中は日本との時差が4時間となり、日本の正午はニュージーランドの午後4時ということになります。

日本からニュージーランドに行くには

日本からニュージーランドには、直行便で約10時間半~11時間になります。2018年現在、成田・羽田・関空から直行便が就航しています。

シドニーなどを経由していく方法もあり、時間はかかりますが、費用はそのほうが安くなります。

ニュージーランドへの入国には、滞在日数+3ヶ月以上の有効期限があるパスポートの提示が求められます。

また、日本人は3ヵ月以内の滞在であればビザは必要ないので、新婚旅行で訪れる場合はビザを取得することはありません。

ニュージーランドの通貨

ニュージーランドの通貨は、ニュージーランドドルです。空港や銀行で両替できますが、クレジットカードがかなり使えるので、旅行でいくのであればカードでの支払いを中心にしたほうが便利でしょう。

また、ATMからクレジットカードで現金を引き出すこともできるので、旅の途中で現金が必要になったら、銀行で両替するよりクレジットカードを使ってATMからお金を引き出したほうが楽かもしれません。

ニュージーランドに行く最適の時期と服装

ニュージーランド旅行のベストシーズンと言われるのは、12月~2月の、夏のシーズンです。

夏といっても日本ほど暑くないので過ごしやすく、海水浴やハイキングなどを楽しむこともできます。日が長くて夜も21時頃まで明るいので、観光などをしやすいのも人気の理由です。

ニュージーランドは南半球なので日本とは逆とはいえ四季があり、季節に応じた服装で大丈夫です。とはいえ、夏は日本ほど暑くなりませんし、冬は日本ほど寒くはなりません。

その代り、どの季節も朝晩と昼間の気温差があるので、夏でも朝晩は長袖が必要になったり、冬でも昼間は分厚いコートだと暑すぎることもあります。ある程度脱いだり着たりすることで調節のできる服装にしておくのがよいでしょう。

注意点

ニュージーランドは治安の良い国なので、その点ではあまり心配することはありません。とはいえ、置き引きやひったくりといった軽犯罪は少なからず発生しているので、荷物の管理などには気をつけたほうがよいでしょう。

また、ニュージーランドでは基本的にチップは必要ありませんが、良いサービスを受けた時などに渡すのは自由です。

念のために細かいお金は持っておくようにして、渡したいと思ったときにはさりげなくチップを渡してもかまいません。

ニュージーランドへ新婚旅行へ行く際の費用相場。予算はいくら考えるべき?

気になるのは費用ですが、これは滞在日数やホテルのグレード、オプショナルツアーの数などによってもかなり変動します。

ニュージーランドに新婚旅行に行く場合、だいたい5泊~8泊くらいのスケジュールで行く場合が多く、費用はだいたい1人25~50万円程度。2人で50~100万円というのが相場ではないでしょうか。

地図で見るとそれほど遠くないように感じますが、直行便でも10時間以上かかるなど、意外と遠いので、ある程度の日数は確保したいところで、そうなるとどうしても費用は高くなりがちです。

とはいえ、フライト時間が長いだけで、比較的時差は少ないので、ヨーロッパなどに比べると時差ボケになりにくく、現地でも有意義に時間を使えるのがメリットです。

観光重視プラン

ニュージーランドの観光といえば、なんといっても美しい大自然です。湖や星空、洞窟、氷河など、いくら見ても飽きないほどの大自然を感じる観光スポットが数多くあります。

国立公園などが多く、こうした観光重視のプランの場合は、それぞれの観光にかかるお金はそうでもありませんが、移動距離が長くなることで費用がかさむことがあります。日数などにもよりますが、2人で60~80万円程度をみておくとよいでしょう。

アクティビティ重視プラン

ニュージーランドでは、大自然を生かしたアクティビティが数多く体験できます。

バンジージャンプやラフティング、洞窟探検などのほか、スキーやハイキングなどの山を楽しむアクティビティ、ダイビングやサーフィンなど、海を楽しむアクティビティの両方が楽しめるのもニュージーランドの魅力です。

新婚旅行で行くのであれば、こうした大自然を見るだけでなく、二人で体験するのもおすすめ。

アクティビティの内容によって費用は異なりますが、1人数千円で楽しめるものも多いので、いろいろな種類を体験するのもいいでしょう。旅行全体の費用は2人で60~90万円が相場です。

オークランド中心プラン

オークランドはニュージーランド最大の都市です。博物館などの施設や、ニュージーランドで最も高いスカイ・タワーなどがあり、都市部での観光を楽しむことができます。

また、オークランド周辺にも数多くの自然を楽しむスポットがあるので、そこを拠点に大自然を満喫したりアクティビティに参加することも可能。

拠点を絞ることで移動が少なくなり、移動コストもかからない上に、比較的短い滞在日数でも十分に楽しむことができるのがメリットでしょう。2人で50~70万円が相場です。

ニュージーランドの新婚旅行の費用を安く仕上げるコツ

格安ツアーを探す

ニュージーランドは人気の観光地ということもあり、日本の両行会社でもたくさんのツアーを扱っています。

そのため、ツアーの内容やグレードはさまざまで、中には格安のツアーも少なくありません。

もちろん、ホテルのグレードを落としたり日数を減らすことで安くしているツアーもありますが、中には内容の割にとてもお得なツアーもたくさんあります。

そういったツアーを探すことで、ツアー内容でも費用を安く抑えることが出来ることも。また、ツアーを選ぶときは自分の優先順位をしっかりさせて選ぶことで、無駄に高いツアーを避けることもできます。

たとえば、どうしても行きたいスポットがあって、そこが入っていれば他のところはある程度妥協できる、という人もいれば、ホテルのグレードが一定以上じゃないと嫌だけど、アクティビティは比較的なんでもいい、という人など、こだわりのポイントは人それぞれ。

自分のこだわりポイントをしっかり押さえて、妥協できるところは妥協することで、費用を抑えたツアーで十分満足した新婚旅行ができるでしょう。

時期を選ぶ

海外旅行の場合、時期によって飛行機の料金だけでもかなり違いがありますから、ツアー料金に差が出るのはよくあることです。

一般的には行先のベストシーズンや、人気のある時期は料金が高くなりますので、それを避けるだけで割安になります。

ただしニュージーランドは夏は海水浴、冬はスキーが楽しめるほか、春や秋も美しい自然が豊かなのでいつでも楽しめるぶん、そういったオフシーズンの料金的なメリットは少ない傾向があります。

とはいえ、日本の長期休暇で旅行に行きやすい時期は当然ツアー料金が高くなるので、それを避けたり、現地の休暇の時期は国内旅行を楽しむニュージーランド国民が増えるためにホテルなどが高くなる傾向があるので、そういった時期を避けることで、料金を抑えることはできるでしょう。

ニュージーランドの新婚旅行に日数別のおすすめモデルプラン

クィーンズタウンの5つ星リゾートでのんびりハネムーン(5泊6日)

クィーンズタウン郊外にあるミルブルックリゾートは、美しい大自然の中で過ごすことのできる5つ星リゾート。

カントリー調の建物と絵のような風景の中で、リラックスした時間を過ごすことができます。ミルブルックリゾートに2泊した後は、クィーンズランドに移動して、そこで2泊。アクティビティやショッピングを存分に楽しむことができます。

クィーンズランドは、山も海も楽しむことのできるリゾート地として、世界中から人々が訪れる場所です。

バンジージャンプのできるスポットや、ロードオブザリングのロケ地なども近くにあり、人気の観光地になっています。

1日目 夕方日本出発。機中にて1泊。
2日目 オークランド空港で乗り継ぎ。昼頃クィーンズタウン着。ミルブルックリンリゾートにチェックイン。
3日目 終日自由行動。ミルブルックリンリゾートでのんびりお過ごしください。
4日目 午前中にチェックアウト。オークランドへ移動。
5日目 終日自由行動。アクティビティなどをお楽しみください。
6日目 チェックアウト後空港に移動。夕方日本着。

マウントクックとデカポ湖を満喫。星空観賞もできるハネムーン6泊7日

マウントクックはニュージーランド最高峰の山で、それを一望するマウントクック国立公園での宿泊が含まれたプランです。

美しい山麓を眺めながらのハイキングや、氷河湖クルーズができるこの国立公園は観光客にも人気のスポットです。

テカポ湖宿泊時は、世界最南端の国際天文台であるマウント・ジョン天文台での星空観光がセットになっています。

美しい山々や湖、日本では見ることのできない南半球からの星空と、ニュージーランドの大自然を満喫できる大満足のプラン内容です。

1日目 夕方日本出発。機中にて1泊。
2日目 オークランド空港で乗り継ぎ。昼頃クィーンズタウン着。クィーンズタウン観光。
3日目 ミルフォードサウンド(世界遺産)観光。
4日目 マウントクック国立公園へ移動。オプショナルツアーなどをお楽しみください。
5日目 テカポ湖へ移動。夜は天文台にて星空観賞
6日目 午前中自由行動。午後にクライストチャーチへ移動
7日目 チェックアウト後に空港へ移動。オークランドを経由して夕方日本着。

ペンギン鑑賞がたっぷりできるニュージーランド周遊8日間

ニュージーランドには、実はいくつもの種類のペンギンが生息しています。ニュージーランド固有種のペンギンを含む、5種類のペンギンの観察ができるツアーです。

普通のニュージーランド旅行とはちょっと違った体験ができるので、新婚旅行の思い出としても最高ではないでしょうか。もちろん各地で観光も行うので、ニュージーランドの大自然も満喫できます。

フィヨルドランドクレステッドペンギンが観察できる確率の高い、9月~11月に行くのがおすすめ。ペンギンの種類によっては年間を通して見ることができるので、それ以外の時期でももちろん楽しむことができます。

1日目 夕方日本を出発。機中にて1泊。
2日目 クライストチャーチから、オアマルへ移動ペンギン保護地などでイエローアイドペンギンやブルーペンギンなどを観察。
3日目 オアマルからカカポイントへ移動。途中でモエラキボルダー観光。夕方イエローアイドペンギンを観察。
4日目 カカポイントからウエストランド国立公園へ。モエラキロッジに到着後、フィヨルドランドクレステッドペンギンを観察。
5日目 モエラキ湖で自由行動。カヤックなどの体験もできます。
6日目 モエラキ湖からクィーンズタウンへ移動
7日目 クィーンズタウンからオークランドへ移動。ケリー・タルトン水族館でペンギン観察。
8日目 チェックアウト後に空港へ移動。夕方日本着。

新婚旅行で宿泊したい!ニュージーランドのおすすめホテル

ソフィテルクイーンズタウンホテル&スパ

クィーンズタウンの中心部にあり、とにかく立地が抜群に便利なホテルです。設備やサービスも素晴らしく、インテリアのセンスも抜群です。

バスルームが大理石だったり、アメニティがフランス製の素敵なものだったりと、女性がよろこぶ設備も多く、もちろん無料Wi-Fiも完備されています。

全体的にパリの雰囲気を踏襲しており、メインレストランはパリのカフェを彷彿とさせるという人も多いです。スタッフの対応もよく、新婚旅行の思い出には最適のホテルとなるでしょう。

ブラウンズブティック

高級ホテルというよりは、アットホームなホテルとして、サービスやインテリアに非常に高い評価をされているホテルです。

大きなホテルではありませんが、センスのある内装で清潔感があるため快適に過ごすことができ、スタッフの対応も素晴らしいためニュージーランドが初めての人でも安心です。

立地も便利で、繁華街への移動も楽ですし、湖へも徒歩5分程度。朝食が美味しく、他のゲストとも交流しながら食べることができるのも楽しみのひとつです。

ブレックファーストオンザビーチロッジ

ニュージーランド北部にあるワイヘケ島のビーチにあるブレックファーストインザビーチは、趣向を凝らした4室のみの施設です。

広々とした室内は高級感があり、客室ごとにインテリアが異なるなと、こだわりを感じさせます。オーナー夫妻のもてなしが素晴らしいという評判で、リピーターが多いのも特徴でしょう。

客室数は少ないものの、Wi-Fiやランドリー、有料での託児サービスなど、設備やサービスのレベルが高く、留まった人からの評価も最高ランクのホテルですので、新婚旅行に利用しても満足できることはまちがいなしです。

グランドメルキュールプカパークリゾート

バウアヌイビーチにあるこのホテルは、リゾートいうのにふさわしい自然の中の施設です。バヌアヌイ山の斜面に48棟のシャレーがあり、それぞれが独立しているのでプライバシーが気になる新婚旅行には最適でしょう。

シャレーとはアルプス風山小屋のことで、原生林に囲まれたシャレーのプライベートデッキからは、大自然を望むことができます。

設備が整っていて清潔感があるので、快適に滞在でき、それ以外にも屋外プールやジム、テニスコート、レンタサイクルなどで楽しむこともできます。

新婚旅行で人気のニュージーランドの観光スポットやアクティビティ

ハカ

ラグビーのニュージーランド代表が試合前に披露する「ハカ」は、ニュージーランドに行ったらぜひ生で見たい伝統舞踊です。

オークランドのオークランド博物館や、北島のロトルアにあるマオリの村などで見ることができます。

ロトルアのテ・プイアと呼ばれる文化センターには、ハカをはじめとするさまざまな伝統文化を見たり体験したりすることが出来ます。

伝統食を食べることもできるので、新婚旅行の思い出に食べてみるのもよいのではないでしょうか。

オークランドのアイスクリーム

酪農の盛んなニュージーランドは、ミルクもチーズもとても美味しいのですが、ぜひ食べてほしいのがアイスクリームです。

各地にアイスクリームショップはたくさんあるのですが、中でもインスタ映え抜群ということで人気があるのがオークランドのGIAPO(ジアポ)です。

アイスクリームはもちろん、コーンの種類も豊富で、なんといっても豪快でユニークなトッピングが魅力的。2人で食べれば新婚旅行が盛り上がること間違いなしです。

トランツアルパイン号で電車の旅

ニュージーランドの美しい大自然の中を走るトランツアルパイン号は観光客に人気の列車です。

クライストチャーチからグレイマスまでを1日1往復しており、カンタベリー平野、ワイカマリリ川、サザンアルプス山脈、アーサーズ・パス国立公園、ブルナー湖畔など、絵のような美しい景色が続きます。

車内にはカフェスペースなどもあり、ドリンクや軽食、スイーツ類などが販売されているため、車内グルメを楽しみながらの電車の旅ができます。

テカポでの星空観察

南島のテカポ湖周辺は、星空観察のスポットとして知られており、テカポ湖周辺で宿泊するツアーにはたいてい星空観察が組み込まれています。

特におすすめなのが、6~8月で、この季節は日本では見ることのできない南十字星が天頂あたりに上り、満天の星空を望むことができるので、新婚旅行でのロマンティックな思い出作りには最適です。

世界最南端にあるマウント・ジョン天文台では、日本語での解説を聞きながら星空観察をすることができます。テカポ湖そのものも非常に美しいので、昼間は湖畔でのハイキングもおすすめです。

まとめ

ニュージーランドの魅力はなんといっても美しい大自然です。どこを見ても絵葉書のような美しい光景で、新婚旅行にも良い思い出ができるでしょう。

また、清潔な国民性なので、街やホテルもきれいなところが多く、快適に滞在できるのも日本人にとっては嬉しいポイントです。

日本から10時間半と意外と遠いのですが、時差が少ないので、充実した旅行にできるのではないでしょうか。